毎日使って確かめた、そんなインテリア商品の通販サイトです。
→ oazo.comについて → ご利用ガイド → ポイントシステム → お問い合せ
家具・インテリア・雑貨・キッチンツール・家電 通販サイト
oazo.com
機能+デザインの優れもの 特選カタログ
よくわかるインテリア講座
使ってみたけど・・ 落選カタログ
その機能はいかに!? モニター中の商品
oazo.comの思うコト
オアゾ日記
毎日楽しい食生活 「食」の道具たち
暮らしにデザインを! インテリア雑貨
プロの目で厳選 オアゾセレクト家具
商品一覧
お問い合せ

オアゾフォト日記

人間ドック
(2005/11/30)森野



というわけで、今日、人間ドックに行ってきました。もう、かれこれ7年ほど健康診断を受けていないので、そろそろマズいよな、と思い、ドックにて点検を行ってみたのです。結果は後ほど送られてくるので、まだ何もわからないのですが、一つだけ判明したのは身長が1cm伸びていたことです。まだ伸びるんかいっ!と自分ツッコミをしてしまいましたが、やはり森野、まだまだ成長過程です。
いやしかし、病院ってやっぱりイヤです。なんだかあの雰囲気が怖くて、病院には滅多なことでは近づかないことにしてるのですが、今回は仕方ありません。どうせなら楽しんでやれ、と思うのですが、まず最初の血液採取の注射で見事玉砕し、終始テンションが盛り上がらないまま検査を終えました。ちゅうしゃ、きらい・・・・。
そして今回一番のヤマは、最後のバリウムです。まったく初めての経験、恐怖が胃袋のあたりを締め付けます。胃カメラをどうしても受け入れられなくて、今回はバリウムにしてもらったのですが、それでもあの液体をあんな大量に飲むなんて、やっぱり私には重荷すぎました。どうしても全部飲めないのですっ!!なんですか、あの中途半端なヨーグルト味は・・・。「どうですか〜、もうちょっとですよ〜、頑張ってくださ〜い」と、先生がマイクで優しく語りかけてくださるのですが、レントゲン台の上でバリウムを見つめ続けるおっさんに、あきらかに苛立っておられるようでした。でもあれは、バリウムを飲むというより吐き気を飲み込むという作業ですね。もう二度とイヤです。でも胃カメラはもっとイヤなので、やはりバリウムなのでしょうか・・・はぁ〜・・・。しかし、胃の検査は他に何か方法はないのでしょうか。まったくちっとも医学は進歩してねーな、チッ。
今回、そんなローテンションのブルーな時間に少しだけ明かりを灯してくれたのが、待合い室の本棚でした。人間ドックの検査待合室なので、やはり年輩の方向けに中高年のガン予防、みたいな本から、ガンや糖尿病と闘うというような流れにいき、木の実ナナさん著の「キラッ!と女ざかり 」とかいう本など、壮年を楽しく生きよう、みたいな啓発の本が並んでいたのですが、なぜかその中に「失楽園」の上・下巻が・・・。ん〜・・・・これは意図したものか・・・。「不倫は文化」改め「不倫は滋養」。いやぁ〜、危うく洗脳されそうに・・なるわけありません。



教壇デビュー
(2005/11/23)森野




先日、とある大学の教壇に立ってきました。150人の学生相手に抗議をしてきたのです。和民で騒ぐなー、笑々でトイレ占拠するなー、等々・・いや、じゃなくて「講義」をしてきたのです。自慢です。かなり自慢です。でも私が直接呼ばれたわけではなく、私がお世話になっている会社の取締役の方が依頼された講義で、その方に「お前ちょっとしゃべれ」と呼んで頂いたわけなのです。で、ちょっとしゃべってきました。
アレですね、あの聴衆に向かってしゃべるというのは、なんだかホントに孤独な作業ですね。学生たちも聞いてはいるのですが、皆うつむき加減で目を合わすとそらされる。話を理解してもらっているのか確認できないまま、どんどん話しを進めていかなければならないので、伝わっているのか不安なまま時間が過ぎていきます。大きな独り言、とでもいいますか、なんだかそんな感じです。だから終始一本調子で話してしまい、いくつか用意していた「笑い」ポイントも、反応が怖くてスルーしたので、つまらないヤツと思われたことでしょう。それがくやしいのです。あーくやしい。もいっかいリベンジしたいくらいです。笑いのとこだけ。
最初に『大した徳のある話も出来ませんが・・・』と始めたんですが、最後わけがわからなくなり、『と、そんな感じで徳のある話をさせて頂きましたが』と自分で言ってました。自分でそんなこと言うバカはいません。大笑いです。笑ってやってください。この愚か者を・・・・。と、自慢話のつもりが自虐話になったところで本日の私の話を終わらせていただきます。ご静聴ありがとうございました。
本日の写真は、そのとある大学のキャンパスの風景です。木々が色づき始めて、いい景色でした。



引っ越し
(2005/11/16)森野



日記サボってました。すみません・・・・
いやね、引っ越ししたんですよ、引っ越し。忙しい最中にしなくてもいいものを、探してた場所に出物があったので、急遽契約してしまったのです。で、てんてこ舞い・・・。引っ越して半月になるのに、まだダンボールに囲まれてます。
というわけで琵琶湖沿いから駅前に、一気に便利な環境に移り住みました。以前住んでた琵琶湖沿いのマンション、すごく眺めが良かったので離れるのは惜しかったんですが、なんせリゾートマンションとして建てられてるものですから、駅からすごく遠くて実用的じゃなかったですし、実際私も、不便さから実家の方で生活することの方が多かったんです。といっても実家も、事務所から車で30分。遠いんです。で、この度、駅から徒歩3分くらい、事務所へも徒歩通勤という素晴らしい環境に、見晴らしのいいマンションを見つけたので、思い切って全ての生活をここに移すことにしました。築年数が古い(1988年)ので、立地と広さのわりには格安で、13階なので、湖国の町並みから琵琶湖、果ては対岸の山々まで一望なんです。そして前のマンションには無かった、夜景もキレイですし。でもそうは言っても築18年の分譲マンション、なんか内装が野暮ったいんですよねぇ・・・。和室も中途半端ですし・・。上の写真がリビングなのですが、どうしたら良くなるものか、と悩んでおります。よく雑誌でカッコイイ建築の写真とか見ると、この濃い色のフローリングに白い壁、ってパターンが多いんですが、民家は全然違います(笑)さて、これを格好良くするのが私の仕事。壁をJ-Colorで塗って、雰囲気を大きく変えてみます。結果はまた報告しますので、こうご期待!!

さてさて、そんなこんなで久しぶりの日記なので、oazo.comの近況を報告してみますと、この冬は『こたつ』に注目したくて、以前から思案していたのですが、素晴らしいこたつ布団に出会ってしまったんですよ!京都の老舗の会社なのですが、ふとしたきっかけで社長と知り合いまして、商品を拝見させて頂いてその使い心地の良さにまいってしまいました。意気投合しまして、めでたく取扱いオッケーとなりましたので、近々に紹介したいと思います。で、もともとこたつ本体をどうにか開発できないものか、というのが先だったのですが、それは今年はどうにも無理そうです・・・。市場にあるこたつが『家具調』という感じで、やはり『調』でしかないので、もっとイイものを作れないか、とオリジナル製作を前提に方々あたったのですが、まず突き板にすると、熱で剥がれてくるので無理。それなら高くなるけど無垢は?と思ったのですが、経年で変形するおそれがあるので、販売するには数年の試用が必要、ということで完成には至らないのです。でもこのこたつ布団は絶対オススメしたいので、布団単体でご紹介することになりそうです。そんなこんなで、どんどん寒くなるので早くせねば!とあせっている森野です。
あせっていると言えば、今モニターしてるヒーターが、人気商品で品薄なので、まだアップ出来ずにいます。去年紹介したパネルヒーターが、もう手に入らないということでしたが、そこへ現れた更に素敵なヒーター、これも近々にご紹介いたします。あと、こたつに欠かせない鍋まわりのものとか、温かいお風呂の友、とか・・・。早くやります。こうご期待を!


| 1 |
(全3件中3件表示)


2006年05月のオアゾ日記
2006年04月のオアゾ日記
2006年02月のオアゾ日記
2006年01月のオアゾ日記
2005年12月のオアゾ日記
2005年11月のオアゾ日記
2005年10月のオアゾ日記
2005年09月のオアゾ日記
2005年08月のオアゾ日記
2005年07月のオアゾ日記
2005年06月のオアゾ日記
2005年05月のオアゾ日記
2005年04月のオアゾ日記
2005年03月のオアゾ日記
2005年02月のオアゾ日記
2005年01月のオアゾ日記
2004年12月のオアゾ日記
2004年11月のオアゾ日記
2004年10月のオアゾ日記
2004年09月のオアゾ日記
2004年08月のオアゾ日記

このページのトップへ

Copyright 2004 (C) oazo.com All Rights Reserved.
通信販売法に基づく表示 個人情報保護について 商品一覧