毎日使って確かめた、そんなインテリア商品の通販サイトです。
→ oazo.comについて → ご利用ガイド → ポイントシステム → お問い合せ
家具・インテリア・雑貨・キッチンツール・家電 通販サイト ようこそゲストさん →ログイン(ポイントの確認及び会員情報変更)
ショッピングカート
oazo.com
機能+デザインの優れもの 特選カタログ
毎日楽しい食生活 「食」の道具たち
暮らしにデザインを! インテリア雑貨
プロの目で厳選 オアゾセレクト家具
商品一覧
よくわかるインテリア講座
使ってみたけど・・ 落選カタログ
その機能はいかに!? モニター中の商品
oazo.comの思うコト
オアゾフォト日記
お問い合せ
メールマガジン登録フォーム(購読無料)
登録すればポイントゲット!!
oazo.comのいろんな情報お届けします!
oazo.com 今週のオススメ商品!食の道具たち

エレクトロラックス
コードレスケトル
6.300円

詳細を見る

グローバルナイフ
5,250円〜

詳細を見る

野田琺瑯「月兎」 ホーロー製ポット
3,675円

詳細を見る
毎日楽しい食生活 「食」の道具たち 食トップ
KONO式 コーヒードリッパー No.10007541
KONO式 コーヒードリッパー

申し訳ございません、イエローモデル、オレンジモデル共、製造を終了いたしまして、当店在庫分は完売いたしました。流通在庫も、これ以上入手出来る見込みがございませんので、申し訳ございませんが販売終了とさせて頂きます。
なお、コットンペーパーに関しましては、販売を継続させて頂きます。



一人の時間・家族とのひととき・友人との語らい・・・・・
そんな時間を演出する一杯のコーヒー。

な〜んてベタベタな文句で始めちゃいましたが、
コーヒー好きの方、又はコーヒー好きになりたい方は、コーヒーの持つ「やすらぎ」の要素を
十分にお分かりのことと思います。

で、今回 oazo.comのオススメは、そんなコーヒータイムをもっと自分らしく、時には楽しくコーディネート出来るコーヒードリッパー。
知る人ぞ知る珈琲サイフォン社の「名門ドリッパー」、それもご覧の通りのイエローモデル、も一つ言えば限定モデルです。

「名門ドリッパー」って命名、な〜んか玄人っぽくて私のような素人には「どうなのっ?」
と思っちゃいましたが、この色がその雰囲気を打ち消しています。
でも、このドリッパーで淹れるコーヒーは名門のその名のごとく「ウン!なるほど」の味です。

それもそのはず、珈琲サイフォンという会社は1925年に「サイフォン」を発明して以来、コーヒーの豆選び・焙煎・抽出器具に至るまで、コーヒー全般にわたる研究・開発を行っているところなんです。
本格派コーヒーショップでよく見かける「サイフォン」は、なんと日本で発売されたものなんですよ。

その珈琲サイフォン社が考案したドリッパー、他とは違う抽出法ですから、その名は「KONO式 名門ドリッパー」。考案者である社長が河野さんというお名前だからです。

でも何で「KONO式」?何が違うの?
ちょっと説明させて下さい。




よくあるコーヒードリッパーは「カリタ式」か「メリタ式」が主流。
よく似た名称だけど、「カリタ式」はコーヒーを下に落とすために空けられた穴が3ヶ所、「メリタ式」はその穴が1ヶ所なんです。(直径数ミリの穴が開いてます)
ドリッパーを横から見ると台形になっています。
ともにペーパー(濾紙)の形状も台形で、2ヶ所を折ってドリッパーにセットしますよね。
でも「KONO」式のドリッパーの下には、でで〜んと直径1cm位の穴が空いてます。
ドリッパーの形状は円錐形で、セットされるペーパー(濾紙)も円錐形なんです。


カタチは分かったから何が良いの?ですよね。
ハイハイ!
考案者の河野さんが長年の研究から、このカタチのドリッパーから落ちる湯のスピードが、ドリッパーの中のお湯の流れをスムーズにし、必要以上に苦み・酸味を抽出させない、コーヒー豆本来の味を忠実に再現するコーヒーを淹れられると開発したものなのです。
ネルドリップで抽出したコーヒーは旨い!と言われていますが、この「KONO式」は、そのネルドリップに近いスピードでお湯を落としています。
ペーパー式ドリップの手軽さで、ネルドリップの味に出来る限り近づけたのが「KONO式」なんです。
それからペーパー(濾紙)も特別。
コットンペーパーっていいます。
コットンの繊維質も入って、よりネルドリップの濾過に近付けています。
この辺りのこだわりもオススメの理由なんです。




理屈はこの辺にして、oazo.comが今回コレをご紹介した理由のもう一つ、デザイン!
この、ぽってりしたガラス製サーバー、可愛くて飽きないデザインなんです。
それに取っ手も、「ただ握るだけ」ではなくてビミョ〜にかっこ良くないですか?
しかも握りやすいのは、優れたプロダクトデザインだからと断言しちゃいましょう!
さらに、イエローモデルに限ってのことなんですが、サーバーはガラス職人による「手吹きガラス」。ガラスに気泡があったり、光にあてるとガラス表面の巻じわがみえたり・・・と手作りならではの良さが「ワタシの宝物」的な雰囲気を醸し出しています。
で、色。
これは好き嫌いがあるかも知れませんが、何と言ってもコーヒータイムを楽しくするに違いありません!
よくある「黒」「透明」「ガラス」といった組み合わせのものと比較してみて下さい。
ねっ!色のあったほうが、ほんのわずかな「ひととき」でも楽しく過ごせそうでしょ。


ここでイエローモデルとオレンジモデルの違いをご説明しておきましょう。
まずサーバーのガラス。
イエローは手吹き、オレンジはそれではありません。
でも、オレンジモデルにはサーバーに蓋がついてます。
コーヒーってのは、豆を蒸らしてその旨味を十分に引き出し抽出するのですが、豆の量が少ないと蒸らし効果が期待した程ではないことがあります。
イエロー・オレンジとも2人用のサーバーなのですが、このドリッパー・サーバーのセットだと、2人分抽出するのがより美味しいコーヒーの淹れ方だと思うんです。
でも1人で飲む場合も当然あるはず。
そんな時はこの蓋が意味アリ!
少しは冷めるのを防いでくれるはずですから。
実はイエローモデルは2004年の限定バージョン。
在庫限りのレア物です。
オレンジモデルは珈琲サイフォン社創立80周年の限定バージョンです。




モデルによっての「イイところ」、あなたの使い方・こだわりで選んでみては・・・」
中挽きのコーヒー豆をご使用下さい。
きっと、満足した「ひととき」になるはず。

機能よければそれで善し、それだけならばoazo.comは取り上げません!
機能・こだわり・デザイン・・・そのバランスがいいからご紹介。
思い入れの逸品として、眺めているだけでも嬉しいんです、私は。







食トップ
このページのトップへ

Copyright 2004 (C) oazo.com All Rights Reserved.
通信販売法に基づく表示 個人情報保護について 商品一覧